記帳代行コースによる会計処理について
047-404-9150 たかの税務会計事務所ロゴマーク

記帳代行サービス

記帳代行とは?

会社内部で行う経理業務を外部に委託し、業務の軽減を計ることを指します。

具体的には、当事務所が帳簿作成に必要な資料(現金伝票、領収書、通帳等コピー)をお預かりし、仕訳帳・総勘定元帳等を作成する業務です。煩わしい経理業務を外部に委託していただくことで、事務負担を軽減し事業に専念することができます。

たかの税務会計事務所の記帳代行サービスの特徴

一口に記帳代行と言っても、どこに頼んでも同じではありません。

なぜなら、普通の記帳代行業者の作成したデータでは、税務調査に耐えられないからです。 また、税務上正しく処理され、後々多額の課税をされることのないよう正確なデータが求められます。

更に頻繁に改正される税制に適宜対応し、税制上の特典・恩恵を受けられる帳簿であることも重要です。 税制は毎年改正され、資格を持った税理士でさえ、その全容を正確に把握するのは大変なことです。

当事務所の記帳代行サービスは、お客様に領収書・通帳コピー等をお送りいただき、当事務所にて経理の帳簿作成を行います。お客様は、当事務所からお願いする資料を提出していただき、当事務所の質問に答えていただくだけで結構です。 ご用意いただく資料の種類などは、当事務所の税理士がきちんとレクチャー致しますので、安心してサービスをお受けいただくことができます。

サービス開始前、あるいは開始後しばらくは、業務を早期に軌道に乗せるため、頻繁にお伺いして打ち合わせさせていただきます。通常ですと、3カ月程度で軌道に乗り、順調に経理処理ができるようになります。

当事務所では、経理処理に必要な伝票や各種の集計表などのフォーマットを用意しております。スムーズな情報伝達のため、必要なものをお使いいただくことができます。

作成した試算表等の財務諸表とお預かりした書類をお返しするときに、経営上、税務上、経理上のアドバイスをさせていただきます。

業務の流れ

記帳代行サービスでは、お客様に領収書・通帳コピー等をお送りいただき、当事務所にて経理の帳簿作成を行います。

1.必要書類のご提出

毎月当事務所へ以下の必要書類をご提出いただきます。
●通帳コピー   ●現金出納帳
●給与明細    ●経費領収書ほか

矢印
2.試算表の作成とご訪問

提供していただいた資料をもとに試算表を作成し、お客さまの元へお伺いします。試算表の作成とご訪問は毎月、2ヶ月に1回、あるいは3ヶ月に1回の設定がありますので、事業内容、規模に応じてお選びいただけます。

矢印
3.経理、経営相談

訪問時にお持ちした試算表をもとに、売上予想に対する到達度や資金繰り、節税対策など様々な経理、経営相談を行います。また、必要に応じて「キャッシュフロー計算書」による経営分析も行ないます。

サービス開始前、あるいは開始後しばらくは、業務を早期に軌道に乗せるため、頻繁にお伺いして打ち合わせさせていただきます。

通常ですと、3カ月程度で軌道に乗り、順調に経理処理ができるようになります。正確な帳簿を作成することは適切な税務申告の第一歩です。

キャッシュフロー計算書について

経営破綻の最後の引き金となる「資金ショート」回避するためにも、キャッシュフロー計算書を作成します。

  • 損益計算書で算出された利益又は損失はキャッシュの増減額と必ずしも一致しません。キャッシュフロー計算書はキャッシュベースで算出した利益又は損失を表示し、「勘定あって銭足らず」にならないよう管理することができます。また、借入金等の月別返済額や借入額も表示するので資金調達や、借入金返済計画の資料になります。
  • 不足資金原因分析表はキャッシュの増加又は減少が、利益又は損失によるものか、売掛金等の増減によるものか、借入金の増減によるものかなど一目で分かります。
  • 資金使途明細表は例えば建物や機械設備などの固定資産は資本金や留保した利益など安定した資金でどれだけ賄われているか、借入金への依存度はどれくらいか、あるいは売掛等の資産は買掛等の負債とバランスがとれているか、キャッシュ残高の内容は留保した利益か、借入金かなどが分かるため、財務戦略に役立ちます。